Thomson Reuters
‘Be Transparent (透明性の追求)’

コンテンツが退屈で重すぎる場合、どのように対処しますか?

 

2015/2016年に導入された新しい移転価格課税に関連して、Thomson Reutersの税務会計ONESOURCEソリューションを定着させるために、マコーケルはキャンペーンのコンセプト、イメージを刷新したソートリーダーシップのコンテンツの開発を任されました。

 

目標は、この法律の理解浸透と企業への影響に対処するユニークで説得力のあるキャンペーンを開発することでした。 私たちは「ONESOURCE」を使用するベネフィットを示すことによって、素早く広く定着するような、シングルメッセージを開発したいと思いました。

 

ヘッドラインの‘Be Transparent (透明性の追求)’は、テーマがそのまま動き出すかのように仕立てた、私たちのコミュニケーションのキービジュアル要素です。